トップ > 組合情報 > 沿革


組合情報

沿革

昭和

昭和28年 9月 中小企業等協同組合法にもとづき、岐阜市柳ケ瀬通り5丁目において岐阜商工信用組合として設立
尾藤喜平治 理事長に就任
昭和29年 9月 辻直吉 理事長に就任
加納支店 開設
昭和30年 5月 本店を岐阜市今沢町17番地(現在地)へ移転
昭和30年 9月 駅前支店 開設
昭和31年 9月 那加支店 開設
昭和31年10月 羽島支店 開設
昭和33年 6月 大垣支店 開設
昭和33年 9月 杉山茂夫 理事長に就任
昭和35年 4月 鷺山支店 開設
昭和35年 5月 北方支店 開設
昭和36年12月 本店を改築(現本店)
昭和37年 6月 揖斐支店 開設
昭和37年11月 池田支店 開設
昭和39年 5月 神田町支店 開設
昭和39年 9月 芥見支店 開設
昭和41年12月 関支店 開設
昭和43年 7月 本荘支店 開設
昭和43年11月 笠松支店 開設
昭和45年 3月 神田町支店を配置転換し、東栄支店を開設
昭和46年11月 美濃加茂支店 開設
昭和48年 9月 鬼頭慶男 理事長に就任
昭和50年11月 西野町支店 開設
昭和52年 3月 預金量 500億円達成
昭和53年 9月 多治見支店 開設
昭和54年11月 岐南支店 開設
昭和55年 9月 大垣北支店 開設
預金科目オンラインシステム稼働
昭和55年10月 八代出張所 開設
昭和57年 4月 小熊出張所 開設
昭和57年10月 融資科目オンラインシステム稼働
昭和57年11月 各務原支店 開設
昭和58年 2月 岐阜手形交換所の本交換開始
昭和58年 7月 預金量1,000億円達成
昭和59年12月 可児支店 開設
昭和60年 6月 「しょうしんクラブ」発足
昭和61年 3月 六条支店 開設
昭和61年 5月 宮川晴男 理事長に就任
昭和61年 9月 駅前支店を廃止し、駅西支店を開設
昭和62年 3月 穂積支店 開設
昭和62年 8月 八代出張所 支店に昇格
昭和62年11月 信組CDネット(SANCS)提携
昭和63年 7月 外貨両替業務取扱開始
昭和63年 8月 預金量1,500億円達成
平成
平成 2年 7月 全国キャッシュサービス(MICS)提携
しょうしんリース設立
平成 2年11月 蘇原支店 開設
平成 3年 3月 預金量2,000億円達成
平成 3年 9月 小熊出張所 支店に昇格
平成 3年11月 長森支店 開設
平成 4年 3月 東栄支店 新築移転
平成 4年 5月 杉山正裕 理事長に就任
平成 5年10月 外国為替取引斡旋業務取扱開始
平成 6年 2月 岐阜県に環境保護資材を寄贈
平成 6年 4月 国債の窓口販売開始
平成 7年11月 近島支店開設
平成 8年10月 揖斐支店 新築移転
平成10年 6月 外貨預金斡旋業務取扱開始
平成10年10月 池田支店 新築移転
平成12年 3月 デビットカード取扱開始
平成12年 4月 郵貯ネット提携取扱開始
平成13年 4月 組合内ネットワーク完成
平成13年10月 火災保険の窓口販売開始
平成14年11月 不動産担保評価システム開始
平成15年 4月 手形交換印鑑照合システム開始
個人向け国債の窓口販売開始
平成15年 7月 生命保険の窓口販売開始
平成16年11月 決済用預金取扱開始
平成17年 5月 組合内光ネットワーク完成
平成18年 1月 他行ATMでの振込取引開始
休日のATM入金・記帳取引開始
平成18年 2月 十六銀行とATM相互無料開放開始
平成18年 5月 CRDシステム開始
平成18年 9月 投資信託窓口販売開始
平成19年11月 羽島支店 新築
平成20年 2月 小熊支店を羽島支店と統合
平成20年 6月 中居和男 理事長に就任
平成21年 5月 信用組合共同オンライン加盟
平成22年 1月 西野町支店を本店営業部に統合
駅西支店を本荘支店に統合
八代支店を鷺山支店に統合
平成22年 2月 西野町に店外ATMコーナー新設
平成22年10月 岐阜市役所に店外ATMコーナー新設
平成22年12月 「しょうしんポータル」運用開始
平成23年 4月 統括店制・地域店制開始
平成23年12月 「しょうしんインターネットバンキング」取扱開始
平成24年 5月 「しょうしんビジネスバンキング」取扱開始
「マルチペイメントサービス」取扱開始
平成25年1月 バロー長良店に店外ATMコーナー 新設
平成25年2月 「しょうしんでんさいサービス」取扱開始
平成25年5月 美濃加茂支店 新築
平成26年1月 鷺山支店・本荘支店 新築
平成27年12月 AED全店設置
平成28年9月 加納支店 新築
六条支店を加納支店と統合
平成28年10月 森嶋篤男 理事長に就任