トップ > 本部本店の新築

本部本店の新築

 



岐阜商工信用組合(理事長 森嶋篤男)は、平成31年1月に本部及び本店の新築移転を予定しています。
新本店の建築を機に、省CO2の取り組みや地場産業の活性化をはじめとする地域社会貢献への取り組みを、地方都市から情報発信することで、波及・普及を目指しています。
新本店のコンセプト


サステナブル建築物先導事業として認められた優れた環境性能、4拠点に分かれた本部機能の集約、ABW(アクティビティ・ベースド・ワーキング)を意識したワークスタイル改革の推進、システム導入による効率的な組合業務運営、大地震に耐えられるBCP(事業継続計画)を意識した建物を実現していきます。

デザイン
岐阜市の目抜き通りである金華橋通りに面した建物正面は、大型ルーバーによる彫りの深いデザインとなっており、金融機関本部としての存在感を示します。
また、太陽光等による外壁等の負荷を大幅に削減するパッシブデザインを採用しています。
環境性能
地域密着・健康増進
内装の仕上材には岐阜県産の木材を使用し、地域に根差した親しみやすい木質の空間づくりを計画しています。
新社屋および敷地内を完全禁煙とし、職員や地域の方々の健康増進に取り組んでいきます。
業務効率
県内4ヵ所に分散する本部機能を1箇所に集約し、組合内の情報共有、意思決定のスピート化を実現します。また、本部にて営業店業務の一部を行うことで、業務の効率化・集中化も実現します。
職員が執務する部屋の間仕切りを無くし、風通しの良い働きやすい職場とします。

基本情報
新築地

岐阜県岐阜市美江寺町二丁目4番3
JR 岐阜駅から北へ1.5km
概要
敷地面積 2,382.48m2
建築面積 1411.79m2
延床面積 3697.93m2
構造規模 鉄骨造 地上3階

南立面全景
※写真は全てイメージです